地域の防災活動をよりよいものにするには?

助成金や補助金を活用した活動のススメ

町会・自治会で防災活動を進めるための活動資金はどうしていますか?
町会費等だけで賄うには、とても大変なものがあります。

そこで、各団体が出している「助成金」や「補助金」を使うことをお勧めします。
助成金や補助金はその種類によりますが、物品を購入するためのもの、活動にかかる資金を補助するもの等さまざまです。

事前の申請が必要になりますが、助成金や補助金が活用できるようになると防災活動の幅も広がります。
たとえば、防災訓練の広報を今まで回覧板のみにしていたところを、ポスティングにしてみたり、防災資機材の購入費用に充ててみたり、外部の専門家を呼んでアドバイスをもらったり…

都道府県や市区町村で出している助成金や補助金もありますので、ぜひ最寄の市区町村にお問合せください!
地域防災支援協会でもご提案できる「助成金」「補助金」がありますので、防災活動にお困りのときは、ぜひご相談ください!

お問合せ

今後のイベント情報(2017.8.1更新)

  • 2017.6.1~8.17 東京都では、平成29年度「地域の底力発展事業助成」の第3回申請募集中です
  • 2017.9.20 講師として、コドモト主催の「子どもを守るための防災対策講座(横浜市南区)」を支援予定です
  • 2017.10.10~11 新宿区・京王プラザホテルにて「災害時の住環境・生活環境EXPO2017」を開催します
  • 2017.11 講師として、コドモト主催の「子どもを守るための防災対策講座(横浜市南区)」を支援予定です
  • 2018.3 講師として、コドモト主催の「子どもを守るための防災対策講座(横浜市戸塚区)」を支援予定です
  • 2017.6.1~8.17 東京都では、平成29年度「地域の底力発展事業助成」の第3回申請募集中です

活動実績

  • 2014.10~2015.3 講師として東京都総務局総合防災部・地域防災学習交流会を支援
  • 2015.9~2015.11 フジサンケイビジネスアイにて連載
  • 2015.9.1  マンション住民のための防災本『「籠城」のマンション防災』発売
  • 2015.11~2016.2 講師として東京都生活文化局・地域活動アドバイザー派遣を支援
  • 2016.5.21 「さすけなぶるワークショップ」開催(東京都)
  • 2016.9.4 「みんなの防災+ソナエ in イオンモール幕張新都心」出展(千葉県)
  • 2016.9.4 「渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2016~」出展(東京都)
  • 2016.9.15 講師として千葉県社会福祉研修センター・防災力強化研修NO1を支援
  • 2016.9~11 講師として東京都生活文化局・地域活動アドバイザー派遣を支援
  • 2016.10.20 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして帰宅困難者対策説明会 in 東京ビックサイトを支援
  • 2016.11.1 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして千代田区の民間一時滞在施設を支援
  • 2016.11.3 「みんなの防災+ソナエ in イオンモールむさし村山」出展(東京都)
  • 2016.11.11 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして千代田区の民間一時滞在施設を支援
  • 2016.11.18 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして帰宅困難者対策説明会 in 東京商工会議所を支援
  • 2016.11.20 講師として江東区・高森町会「ぼうさいワークショップ」を支援
  • 2016.11.23 訓練アドバイザーとして葛飾区・金町小学校避難所運営委員会「避難所開設訓練」を支援
  • 2016.9~11 講師として東京都生活文化局・地域活動アドバイザー派遣を支援
  • 2016.11.26 講師として中央区・月島三之部町会「自助・共助を考える防災力向上セミナー」を支援
  • 2016.11.27 訓練アドバイザーとして葛飾区・柴又小学校避難所運営委員会「避難所開設訓練」を支援
  • 2016.11.27 講師として清瀬市・清瀬柿の下住宅自治会「首都直下型地震に備える防災ワークショップ」を支援
  • 2016.11.29 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして都内の駅前滞留者対策協議会を支援
  • 2016.12.1 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして豊島区の民間一時滞在施設を支援
  • 2016.12.10 訓練アドバイザーとして葛飾区・高砂小中学校避難所運営委員会「避難所開設訓練」を支援
  • 2016.12.15 「みんなのアレルギーEXPO2016・災害とアレルギーのワークショップ」を開催
  • 2017.1.21 訓練アドバイザーとして葛飾区・東柴又小学校避難所運営委員会「避難所開設訓練」を支援
  • 2017.1.25 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして豊島区の民間一時滞在施設を支援
  • 2017.1.27 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして千代田区の民間一時滞在施設を支援
  • 2017.1.28 SONAE防災研究所と協働で、港区・麻布地区町会自治会連合会「避難所運営セミナー」を支援
  • 2017.1.28 講師として足立区・五反野住宅自治会「マンション発災時対応図上演習」を支援
  • 2017.2.11~12 東京都主催「防災展2017~もしもにそなえて 学ぼう 防災!~」にブース出展
  • 2017.2.18 SONAE防災研究所と協働で、葛飾区・柴又北野町会等「避難所運営セミナー」を支援
  • 2017.2.19 講師として立川市・錦東会「災害教訓から学ぶ・防災セミナー」を支援
  • 2017.2.23 東京都総務局総合防災部・一時滞在施設アドバイザーとして都内の駅前滞留者対策協議会を支援
  • 2017.2.25 講師として昭島市・郷地東町連合自治会「震災教訓から学ぶ・さすけなぶるワークショップ」を支援
  • 2017.3.11 代々木公園「防災ライフフェスタ2017」に出展
  • 2017.3.12 八王子市・絹ヶ丘町会にて講師として防災訓練を支援
  • 2017.3.18 就学児童教室「りりーふ」でイベント「地震から自分のいのちを守る方法を知ろう」をサポート
  • 2017.4.8 平成29年度期首総会を開催
  • 2017.6.1 本協会の代表理事・三平が、福島大学の客員研究員として委嘱が決定しました
  • 2017.7.3 講師として、コドモト主催の「子どもを守るための防災対策講座(横浜市港南区)」を支援しました
  • 2017.7.18 専門アドバイザーとして都内の高層住宅防災対策基本計画の策定を支援
  • 2017.7.23~25 熊本地震に関する現地ヒアリング調査を実施致しました
  • 2014.10~2015.3 講師として東京都総務局総合防災部・地域防災学習交流会を支援
活動報告の詳しい内容は
Facebookページをご覧ください。


一般社団法人 地域防災支援協会
(防支協)の活動

活動1

人材育成
のための研修

防災「心」を養うための活動です。防災対策は、一人ではできません。近所や地域で進められる共助体制を確立するためにも、防災を積極的に考えていくためのリーダーが必要です。防支協では、防災のリーダーを育成するための研修を継続して実施していきます。

活動2

防災訓練の
企画と実施の指導

防災の「手」を養うための活動です。「防災訓練に地域住民が参加してくれない」などといった悩みを解決するために、防支協では、地域の特性にあわせた防災訓練の「方法(手)」を提案し、継続的に防災対策が進められるよう、支援していきます。

活動3

防災研修会の
企画と実施の指導

防災の「目」を養うための活動です。共助体制を確立していくためには、個々人の自助力の向上が必要です。防災対策には「何が必要で、何が必要でないのか」という「取捨選択(目)」を育てていくために、セミナー等を開催していきます。

地域活動や防災活動でのお悩みはありませんか?

防支協では、地域活動の支援を行っています。
「防災訓練がマンネリ化して、いつもと同じ顔触れしか参加してくれない」「マンション住民と一緒に地域活動を進めていきたいが、きっかけづくりができない」「高齢化が進み、町会・自治会から離れていく人が増えて困っている」
など、地域に関することでお悩みがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談窓口

防支協の”今とこれからをつなぐ”活動

子どもを守るために必要なことを
保護者や地域社会に伝える
”子どものための防災対策講座”

保育現場では、子どもたちの安全を守ることが第一です。そのために、保育園や幼稚園などの保育関係者の現場における「自助」の緊急対応力向上は大切ですが、合わせて保護者や地域社会との協働や理解といった「共助」につながる対策も重要です。
防支協では、安心して子どもたちが暮らしていける現場づくりを支援するために、「共助」につながる支援として、定期的に地域の現場で保護者と一緒に参加ができる「子どものための防災対策講座」を地域の中で実施しています。

要援護者を救うために必要なこと
避難所運営の隠れたポイントなど
過去の災害から学ぶ
”防災教訓教育・さすけなぶる”

東日本大震災や熊本地震の現場では一体何が起こっていたのか?私たちは、その教訓から何を学ぶべきなのか?

防支協では災害の教訓から、緊急時に”人のいのちをつなぐ”ためにどうしたら良いのかを考える有事価値観の醸成教育を進めています。

特に介助を必要とする高齢者や障碍者、乳幼児を抱えた方、アレルギーを持った方など、マイノリティー(要援護)の問題について、多種多様な方が避難をしてくる地域の避難所を実例として取り上げ、考えていきます。

詳細はこちらから

代表理事のご挨拶

  • 写真
  • これまで多くの地域団体の方から、防災対策の相談を受けてきました。相談の多くは共助の体制が整っていないことに対する相談で、「高齢者が増えてきたので、いざというときに不安だ」「防災訓練になかなか人が集まってくれない」「地域での防災活動は、どのように進めたらいいかわからない」「子育て世代との接点をどう進めたらよいのか」など、でした。

    そこで、私たちは地域社会の自助力だけでなく、共助力を高めるための団体が必要であると感じ、この協会を設立しました。

    東日本大震災以降、首都直下地震や南海トラフ巨大地震への不安は高まり、大地震への防災対策もいろいろと検討されてきているかと思います。しかし、防災対策は一人でできるものではありません。

    地域を構成する住民や企業、行政などが連携し、助け合う体制が整えられることで、被害は軽減し、より早く社会全体の復旧を進めることが可能となります。これは過去の災害の教訓を見てみれば明らかです。

    そのためには、日ごろからの地域での活動が大切で、その活動は災害が起こった場合も決して無駄な努力には終わらないはずです。まずは防災に関心を持ってもらったり、地域社会の活動に興味を持ってもらったりするために、防支協とともに地域の中で住民の方々のコミュニケーションの機会が一つでも生まれるように、その支援を進めていきたいと思います。

    一般社団法人地域防災支援協会
    代表理事 三平洵

フジサンケイビジネスアイ掲載記事

2015年9月1日掲載
関東大震災から学ぶミクロ対策の重要性

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年9月8日掲載
CSRの視点で企業防災を利益に

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年9月15日掲載
災害ボランティアをビジネス転換

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年9月22日掲載
緊急時に迅速対応できる人材育成

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年9月29日掲載
家族の安否確認が災害時業務継続のカギ

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年10月6日掲載
理想の防災リーダー像は軍隊指揮官

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年10月20日掲載
防災、BCP訓練一体化し実効性向上を

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年10月27日掲載
地震対策に”おもてなし”の精神を

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年11月3日掲載
災害時、要介護者に対し何ができるのか

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年11月10日掲載
緊急対応力を高める虫の目・鳥の目

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年11月17日掲載
被害状況で選別し被災地と連携

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

2015年11月24日掲載
業種、規模によって異なる企業防災

※画像をクリックすると大きな画面でご覧になれます

刊行物のご案内

マンションで大災害を乗り切るための1冊

都直下型の地震は、これから必ず起こるといわれています。突然、大地震に見舞われてしまったら、私たちはどうしたらいいのでしょうか。特に、集合住宅での地震への対応は、個人だけでなくマンション全体で考えていかなくてはなりません。本書では、個人での備えからマンション住民全体での備えておくことまで詳しく解説しています。

書籍名:「籠城」のマンション 防 災
著者:梶 秀樹(一般社団法人地域防災支援協会 理事、筑波大学 名誉教授)
単価:2,800円+税

ご購入はこちらから

団体情報

団体名 一般社団法人 地域防災支援協会
設立 2014年(平成26年)10月
代表理事 三平 洵(みひら じゅん)
理事 梶 秀樹(かじ ひでき)
鈴木 正弘(すずき まさひろ)
小津 光由(おづ みつよし)
所在地 〒104-0042 東京都中央区入船三丁目1番5号
理事 梶 秀樹(かじ ひでき)
鈴木 正弘(すずき まさひろ)
小津 光由(おづ みつよし)

お問合せ・相談窓口

一般社団法人地域防災支援協会では、皆様からのご質問や活動支援のご相談を下記フォームより受け付けております。
ご質問内容やご相談内容を「メッセージ」にご記入の上、ご連絡ください。
担当より随時ご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。

お電話でのご相談窓口

03-6280-3452

防支協では、お電話でのご相談も承っております。
「地域で防災会(自主防災組織)を立ち上げたいけど、方法がわからない」「防災訓練のマンネリ化をなんとかしたい」など、お気軽にご相談ください。